スパイスルートワイナリー | Spice Route Winery  

スパイスルートワイナリー|Spice Route Wineryの商品一覧はこちら

プロテアワインズジャパンが取り扱っている、スパイスルートワイナリーのストーンタウンレンジを紹介します。

比較的新しいワイナリーで、ソーヴィニヨンブランで有名なスワートランド地方のワインを紹介します。 農場自体はケープタウンから遠く離れていますが、所有者のチャールズ・バック氏はケープタウン近くのアクセス便利な場所でこれらのワインやその他の素晴らしい地元の食材 、工芸品を紹介する販売場を観光地としてつくりました。

スパイスルートパールからのパール山脈とブドウ畑の眺め。

スパイスルートワイナリーの概要

  • 所在地:スワートランド地方、ダーリン地区
  • 農業スタイル:従来の方法
  • 貢献:地元観光地としての役割
  • ブランド情報:乾燥地帯でその土地を表現するワインを生産
  • 設立:1997年

ブランドの由来

スパイスルートはFairview(南アフリカの有名ワイナリー)のオーナー醸造家チャールズ・バック氏が新たに造ったワインブランドです。スパイスルートパール(畑とは別の観光販売所)は、南アフリカのパール市にある人気の観光地です。ケープタウンから車で40分、Fairview Wine and Cheese Estateから800mで、すぐ隣です。歴史あるファームハウスでは様々な探索を楽しめます。周辺の地元で作られたワイン、生ビール、ダークチョコレートなど、典型的な南アフリカの名産品が楽しめます。スパイスルートの名前は、15世紀に船がザンジバーとヨーロッパの間であるスパイスルートを通ってスパイスを貿易をしていたことが由来です。エステートは、地元のコミュニティの生活を支える、伝統的な方法で生産された地元の食べ物、飲み物、商品を観光客に触れる機会を提供し、南アフリカの味と精神を世界に広めています。

フェアビューエステートの隣のザイデルベルクエステートにある、スパイスルートパールのブドウ園の景色。

歴史

スパイスルートのオーナー醸造家チャールズ・バック氏は1990年代後半に新しい興味深いワインをつくれる土地を探していた時、スワートランドの生協で非常に美味しいソーヴィニヨンブランの樽を見つけました。そのワインの質からはスワートランドでつくられたとは信じられませんだした。基本的に、そのような温暖な地域で良いソーヴィニヨンブランは作ることは不可能です。興奮と不信両方で、彼はそのワインができた畑を訪問に行きました。さらに驚いたことに、ワイナリーはもう荒廃した旧タバコ農園で、そこで南アフリカの一番古い1965年に植えられたソーヴィニヨンブランの畑をを見つけました。そのような乾燥した地域で育ち慣らされたブッシュヴァイン(草むらのようなワイン畑、垣根作りはしない)を見つけ、彼はその地域の可能性を探求することを決心しました。そうして、1997年にスパイスルートワイナリーがその農場(クラインアモスキル農園として知られる)で生まれました。

ストーンタウンレンジの誕生

スワートランド地域の旧タバコ農園のクラインアモスキル農園に植栽して数年後、大西洋からわずか4km離れた寒いスワートランドの一部であるダーリンの丘陵地で、新たに未使用の土地を手に入れました。土はクラインアモスキル農園とほぼ同じで、当時その地域はブドウ栽培が行われていなかったが、そのおかげでスパイスルートのワインにもっと新しい新鮮な要素が加わることとなりました。ストーンタウンはこのダーリンの葡萄から作られています。

土壌と気候

スワートランド地域では毎年冬に約500mmの雨が降る。その時、零下にもなるため葡萄畑の休息に役立っています。夏は熱く乾燥し、地面の水は少なく、このような気候は全世界でも一般的に灌漑が必要となるが、水分を保つ深層の保湿性のある土壌でバランスが取れています。夜の気温も驚くほど涼しく、熟成プロセスを遅らせる効果があり、特に熟成に時間がかかる品種にとっては重要です。 高糖でありなおかつ苦み成分とバランスの取れた葡萄が収穫できる。

中でもダーリンは、西ケープ州でのソーヴィニヨン・ブランの主要成長地域と見なされるようになってきました。

こちらの深紅のオークリーフ土壌は、強い風味と興味深いミネラルを持つソーヴィニヨンブランのブドウを生産するのに最適です。葡萄畑には格子がはられており、収量を慎重に管理するために絶え間ない注意と労力が必要です。ソーヴィニヨン・ブランに加え、このエキサイティングな土地に、ブッシュのシュナン・ブラン、セミヨン、グルナッシュ、シラーズを植えました。

スパイスルートパールとフェアビューエステートのそれ以上の画像

以下は、スパイスルートパールがあるフェアビューとザイデルベルクのエステートの写真です。フェアビュー は チャールズ・バック氏 が所有し、彼は後に、スワートランドとダーリンに拠点を置くスパイスルートワイナリーも設立しました。

スパイスルート